Pages

January 29, 2014

What matters most to you? (その2:活動編)

前回の続き。

立候補した活動の説明:
毎週もしくは2週間に1度、クラスから2名ほどそれぞれ10分~15分程度で自分にとって何が一番大切かをクラスメイトの前でシェア(プレゼン)する課外活動。
プレゼンターはボランティアで立候補制、観客も自由参加。

目的:
たった2年間のMBA生活の中で、普段飲み会などであまりパーソナルな話や込入ったディープな話はしないため、それぞれをより理解し色々な価値観を学び合うための場所。
他の学校でもどうやら同じような活動があるみたいで、当校ではクラスター単位でする活動と、学校全体の活動とある。

リーダーの役割:
クラスター単位の課外活動の運営。メインの仕事は雑務。
部屋取り・スケジューリング(これが結構一番大変)、 プレゼンター探し、軽食・飲み物の準備、プレゼン当日会場準備・司会。
それ以外のは運営方法に特に決まったものはなく自由。
逆にそこがこのリーダーポジションの大切なところで、私は参加率を上げるため色々と企画。

参加率を上げるために私がしたこと:
・ディープでパーソナルなプレゼンを促す
1回目誰も立候補してくれなくて、やっとお願いして初めてプレゼンしてくれたアジア人の友人がかなりパーソナルな話をしてくれたことがきっかけで、
2回目に私がプレゼンした際、亡くなった父の話、亡き父の思いを引き継ぎたくてビジネススクールを目指したことなどを共有。
この初回2回がきっかけでその後のプレゼンターもかなりパーソナルな話を共有してくれるようになった。

・人気教授にもプレゼンを依頼
コアのクラスは全員一緒に講義を受けるため、結構教授の話題で盛り上がったりする。
なので人気そうな教授にプレゼンを依頼。
意外とこの課外活動について知らない教授もいたけど、どの教授もとても深い良い話をプレゼンしてくれて一大人気企画となった。

・ディナーを奮発
ま、これはどうでもいいけど、最初はスナックとかピザを用意してたんだけど、お腹が空いたという意見があったので、中華のデリバリーを頼んでみたり、イタリアンを頼んでみたり。
単純なものでそういう日はご飯目的でちょっと参加率が高かったりする。

・当リーダーポジションのメリット、デメリット
メリットとしては、このポジションのお陰でクラスメートと話す機会が増えたし、この課外活動を通してクラスが親しくなっていくのを感じる。
学校全体でもこの課外活動は人気で、その企画に携われて良かった。
デメリットは、結構時間を取られる。特に何をやれとは決まっていないだけに手を抜こうと思えば抜けるし、工夫しようと思えば時間が取られる。
参加率はこのリーダーポジションにかかってるし、参加率が低いクラスもあってやりがいと同時に責任も重い。普通参加率は4割、5割らしいけど、私のクラスターは仲良いこともあって大体6割、7割ぐらいが参加。
恐らく日本人はサービス精神に富んでいて責任感も強いため、色々と企画すると時間がかかる。正直当初は立候補したことに後悔したりした。。。
でも、色々とリーダーシップを取って責任を持つことで得られることも多いので今は立候補して良かったと思っている。


以上、色々と四苦八苦しながらアラサー頑張っております。。。
でも先学期頑張ったお陰で今学期のプレゼンターは全員見つかった!
今学期はどんな施策を打とうかしら。。。

2 comments:

Akinyi said...

はじめまして。私も社会起業コンサルを夢見て、MBAを目指して2年半がたちますが、TOEFLで苦労した挙句にGMATでつまづいて、諦めようかと悩む今日この頃です。chibiさんもGMAT対策で色々と実施されたようですが、GMATの教材以外に、基本的な読解力を上げるために読まれた本(アメリカの一般知識など)を教えていただくことはできますでしょうか。

bava mahe said...

this blog is nice and useful message for me and thank you for your post.

dotnet training in chennai